岡山の有名スポットといえば、やはり日本三大名園の1つに数えられる後楽園と倉敷の歴史ある町並みです。 後楽園は今から300年ほど前に、岡山藩2代藩主であった池田綱政が造ったのが始まりと言われています。 その後、歴代の藩主ごとの好みや時代の変化に応じて景観に手を加えられていったという記録が残されています。 昭和9年には水害の被害に、昭和20年には第二次世界大戦による戦災の被害に見舞われましたが、江戸時代に記録された絵図などに基づいて復旧され、江戸時代の姿にほぼ重ねた形で現在に至っています。
後楽園の美しさは古くから日本中に知れ渡っており、大正11年には名勝に指定されたほか、戦後間もない昭和27年には文化財保護法による特別名勝に指定されています。 江戸時代の面影を伝える庭園として古の歴史と風情が感じられる岡山の後楽園は、石川県金沢市にある兼六園、茨城県水戸市にある偕楽園と共に日本三大名園として、毎日多くの来場者が訪れているのです。

広い園内は全てが見どころ揃いですが、抑えておきたい場所としては、延養亭(えんようてい)や花交の池(かこうのいけ)、能舞台・栄唱の間、庭園としては珍しい稲の田園を残す井田(せいでん)や茶畑などの緑豊かな風景といえるかもしれません。
倉敷というと、倉敷川沿いに佇む歴史を感じさせる白壁の町並みが有名です。 実は、この風情ある町並みとは一見異なる新しい観光名所がありました。 それが、1997年に誕生した倉敷チボリ公園です。 アンデルセンが愛したデンマークのチボリ公園をモデルに設計されたアミューズメントパークとして、倉敷駅からわずか1分のところに開設され一躍人気を集めました。
緑豊かな自然を配した園内には現存するデンマークのお城である、フレドリクスボー城とローゼンボー城を元にデザインされたチボリタワーや、残念ながら世界大戦で焼失してしまったアンデルセン・ホールなどが再現されています。 園内では音楽隊によるパレード演奏やストリートパフォーマンスなどが繰り広げられ、カップルやファミリー、観光客で賑わいを見せたのです。 しかし、残念ながら2008年末を持って閉園してしまいました。
現在はその跡地に倉敷みらい公園が完成しました。 倉敷用水を中心に幅22メートル、往復約600メートルの緑道を備えた公園は、地域の人々のウォーキングやジョギングコースとして既に親しまれているといっていいでしょう。 芝生広場を含め敷地はおよそ1.2ヘクタールあり、豊かな緑と水の潤いを兼ね備えた憩いの空間となっています。

このように倉敷は自然がいっぱいの街ですが、中心部に行くと大きな商店会が栄えているので生活していくにも不自由がありません。 飲み屋街もあり、料理に凝ったオシャレな居酒屋なども数多くあります。
しかし、岡山県にはソープランドがありません。その理由は法で定められているからです。 ソープランドがないということは、女の子はチャンスですね。 ソープランドのある街では、ヘルスでも本番も強要をされて苦労させられる話をよく耳にしますが、岡山ではその心配は一切ありません。 だって、そういう場所がないのですから。本番はないのが当たり前ならそんな考えを起こす人もいないということですね。
このチャンスを生かして人気の岡山風俗情報を見て自由に働いてみましょう。 岡山は紳士な街なので男性の方もその空気を壊さないようにすれば、他の街よりもレベルの高い最高のサービスが受けられるかも知れません。